なぜそんなに満足度が高いのか!?iBuddyに関して徹底調査してみた!

シェアする

加熱式タバコの代表となるアイコス。すっかりお馴染ですね。
その中でも愛煙家たちに注目されている「iBuddy」というアイコス互換機。

今までも少なからず互換機は発売されてきましたが、何故こんなに人気があるのかなと気になりました。

iBuddy

実際に自分も持っているので、確かに小さいし使い勝手は良いと思いますが、絶対的に「何か」があると思うんですね。

例えばですが、有名ゲームのドラゴンクエスト(通称:ドラクエ)に登場するスライムはファンに大人気です。
ドラクエ自体をプレイしていない私も結構好きです。

でも好きの理由が説明できない・・・
モンスターとして特別強くもないし、何で好きなのかよく分からないですね。

今iBuddyに対してもまさにこんな感じですが、諸々振り返りながらiBuddyの人気の謎を解き明かしていきたいと思います。

従来機ではなく互換機という立ち位置

何となくですが、アイコスのように直接非難を受けにくいような位置関係だなと思いました。
なんせ位置的に互換機ですから!単体でも加熱式タバコとして使えますが、あくまでもアイコスの互換機。

オリジナルとして地位を確立したアイコスからすれば、いわゆるコピー品に近いものを感じるでしょう。
なので互換機と呼ばれますが、性能としてはアイコスに十分匹敵するので、正直好みの問題かなぁと思います。

ただ毎日いろんな鞄を使う女性にとってサイズ感というのは非常に大事なので、その点は大きなポイントではないかな。

連続で吸えるのはヘビースモーカーにうってつけ!

やっぱり間違いなく支持されるのがこの機能。
タバコを消した瞬間から次の1本に火をつける人を多々見てきましたが、アイコスの場合、やっぱり連続で吸うことができない(待ち時間が長い)という部分においては残念でした。

連続でストレスなく喫煙するという部分では紙巻たばこが圧倒的でした。
ライターで火をつけることが出来れば、いつ何時でも吸えますからね。

でもたまに「ライターがない!」「火がつかない!!」という状況で吸いたくても吸えないということがありました。
なんせ小さいものなので、つい忘れがちになってしまうんですよね。

それで言えば、iBuddyは革命的!
なんてったって同じように連続吸い出来るし、かなり小型化されているので持ち歩きに非常に便利。iBuddy本体と、アイコスたばこスティックがあればOK!
しかも紙巻たばこと違って灰出ないし連続であっても煙くならない。

続けて喫煙することができるならこれに越したことはないですよね。
ヘビースモーカーって間髪入れずに吸うから本当に有難い商品だよなぁと個人的に思っています。

まとめ

結局のところ、レビューや感想について様々な意見を見てみたところで、満足度の高い理由として挙げられるのは・・・

◆本体が手にすっぽり収まるくらいにコンパクトである!しかも軽い!
◆連続で喫煙を行うことができるシロモノ!
◆色合い・サイズ感的に「かわいい♪」要素がある!

アイコスやグローのような無機質な感じではなく、かわいい感じが確かにあります。
代表的な赤色の本体は、おもちゃのような何ともいえない雰囲気が出ているので、個人的には部屋に飾っててもアリだなと思ってしまいます。

胸ポケットに入れられるので嬉しいですし、小型化させたのは正解ですね。
加熱式タバコの中でもホルダータイプを除けば、1番小さいでしょうね。

あと女性人気をもう一押しするなら今後に期待されるシールやカバー等のグッズかなと。
まだ世間的には知られ始めたばかりで、アイコスに比べるとお洒落幅がまだまだ狭いので、デコレーションや着飾るのが好きな女性にはここは外せないところでしょう。

これからアイコス互換機として活躍しつつ、オリジナルを抜くなんてこともあるんでしょうか?
もしもアイコスが小さくなって発売されたらまた変わってきそうな気がしますね!