加熱式タバコの普及で紙巻きタバコの販売数が大幅減

シェアする

日本たばこ産業(JT)紙巻きタバコの販売数の大幅に減ったという情報が発表されました。以下の通りです。

日本たばこ産業(JT)は19日、2017年の国内の紙巻きたばこの販売が前年比12.5%減の929億本だったと発表した。JTによれば、1年間の売り上げが1000億本を下回るのは1985年の民営化後初めて。

出典:時事通信社

紙巻きタバコの売上は、減少傾向が続いており、売り上げが最も多かった1985年の1/3程度まで低下しているとのことです。

Tの調査結果によると、1985年喫煙率は50%程度だったのに対し、2017年は20%以下にまで低下しています。

紙巻きタバコの売上減の原因は喫煙率の低下の要因が大きいようです。


出典:JT

また、健康志向の高まりによる、たばこ離れとともに、加熱式タバコの普及が大きく影響したとのことです。

加熱式タバコのシェア(占有率)は、昨年12月の時点で18%程度と、かなり高い数字となっています。

加熱式タバコで最も売れているのは外資系たばこ会社のアイコスということもあり、日本たばこ産業の売上も低下傾向にあります。

おそらく、今後もこのような状況が続くはずです。

たばこ税の値上げも決定し、価格の上昇は続きます。

たばこ会社の売上は、加熱式タバコのシェアを増やせるかどうかにかかっています。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする