厚労省 受動喫煙対策法案 喫煙できる飲食店の条件を大幅に緩める方針

シェアする

はじめに

通常国会でもめにもめた、飲食店の受動喫煙防止対策法案ですが、これまでの案から一転、喫煙できる飲食店の条件を大幅に緩める方針になったようです。

Green Room 北海道のカフェバー

厚生労働省の受動喫煙防止対策法案

受動喫煙対策を巡って厚生労働省は、面積が150平方メートル以下の飲食店で喫煙を認める新たな案の検討に入りました。

30平方メートル以下のバーなどに限るとしていたこれまでの案から大幅に後退した形です。

ただし、新たに開いた店や大手チェーンが経営する店では喫煙を認めないとのことです。

加熱式タバコは?

加熱式たばこは、喫煙スペースで吸うことなどが盛り込まれる見通しです。

解釈が難しいのですが、認めるということは、禁煙の店でも吸えるということでしょうか?

まとめ

東京五輪を見据えた飲食店の受動喫煙対策ですが、今回の厚生労働省案で、大幅に緩和されました。

面積が150平方メートル以下の飲食店となると、都内であれば9割ほどの店舗が該当するとのことです。

喫煙者にとっては、喜ばしい案ではないでしょうか。

ただ、新たに開いた店や大手チェーンが経営する店では喫煙を認めないとのことで、禁煙対策というのはますます進んでくることは間違いありません。

この機会に加熱式タバコに切り替える、思い切って禁煙することも考えてもよいかもしれませんね。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする