台湾 加熱式タバコの普及状況

シェアする

私の周りでもアイコスを使用している人がだいぶ増えてきました。
以前は、喫煙しない人がいるときだけアイコス、それ以外は紙巻きタバコを使用という人もいたのですが、最近は、アイコスを使用している人はアイコスしか使用しない人が多くなっているようです。

紙巻きタバコの愛用者も、アイコスなどの加熱式タバコだけで十分喫煙を楽しめるということでしょうか。

さて、今回、仕事で台湾に行く機会があったので、加熱式タバコの普及状況を調査してきました。

羽田空港での加熱式タバコ使用状況

今回は、羽田空港から台湾松山空港に向かいます。

搭乗手続きを終えて、出発ロビーに向かおうとしているときに、喫煙所があることに気づきました。

両替店などがあるところに、ひっそりと喫煙所がありました。

エレベータで上階に上ると、あるのは知っていたのですが、ここにあることに気づきませんでした。

目立たない場所なので、気づいていない人が多いようで、利用者が全くいませんでした。

その後、手続きを終えて、出発ロビーにやってきました。

このように、喫煙所がたくさんあります。アイコスを使用している人は複数人いました。

羽田空港での加熱式タバコ販売状況

次に、免税店でのアイコスなどの加熱式タバコの販売状況を調査しました。

相変わらず、タバコは外国人にも大人気のようで、かなり買っている人がいました。

前回来た時と比べると、アイコスだけでなく、グロー、プルームテックなどの本体がかなり売られていると感じました。

以前は、カートリッジは多いものの、本体が売られていなかったように思います。

中には、限定モデルを売っているお店もありました。

アイコスの通常モデルは7,380円で売られています。限定モデルは10,980円です。ダークブルーは完売となっていました。

英語、日本語、中国語、韓国語で書かれているので、外国人にも人気があるようです。

中国は持ち込み禁止のようですが、韓国は禁止ではないようで、韓国人がグローの本体を購入しているのを見かけました。

台湾での加熱式タバコの普及状況

今回、台中と新竹に行きました。

台中でも新竹でも台湾人でアイコスなどの加熱式タバコを持っている人は見かけませんでしたが、台湾に滞在している日本人が持っていました。

カートリッジは買えないので、日本から持ってきているのでしょうか。

ただ、調べてみると、台湾へは持ち込みが禁止されているようです。こっそり持ち込みということでしょうか。

普及していないから、それがタバコかどうかの区別がつかないということで、すり抜け可能なのでしょうか。

帰国時に、桃園空港の出発ロビーの免税店で、たばこの販売状況を調査しましたが、アイコスを含む加熱式タバコは売られていませんでした。

このように普通のタバコはかなり売られていて、カートン単位で購入している人も多くいました。

台湾の喫煙事情

台湾は、日本よりも厳しいたばこに関する法律があります。

煙害防止法と呼ばれているようです。

通報制度もあり、喫煙時のビデオ撮影で通報できるそうです。

通報すると、報奨金がもらえるとのことで、どんどんマナーを守らない喫煙者の締め付けが厳しくなっていているようです。

しかしながら、地方はまだまだマナーを守れない人が多いようです。

ホテルは禁煙のはずなのに、部屋の中がたばこ臭いなどということはよくある話です。

「台湾人はマナーが悪い」と思っていまうのですが、実際には出張で来ている日本人がマナーを守れていない場合が多いです。

日本でもそうですが、台湾でも喫煙マナーには気を付けたいものですね。

台湾では飲食店内は、居酒屋でも禁煙です。

一見すると、居酒屋のように見える、お店でもお酒もない店が多く、きちんと区別があるようです。

今回、そんな台湾料理のお店に入りました。

台湾といえば、タピオカと言う人も多いようですが、私は食べたことがありませんでした。

タピオカミルクティーのMサイズがこちらです。

日本のSが台湾のM,台湾のMが日本のLLといったところでしょうか。

非常に食べ応えがありました。

タピオカは顎の運動になります。

残念ながら、全部は飲み切れずに残してしまいましたが、本当においしい飲み物?食べ物?でした。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする