台湾の喫煙事情と加熱式タバコの販売状況

シェアする

台湾に出張をしたので、台湾で加熱式タバコ、iQOS(アイコス)が買えるかどうか調査をしてきました。

今回、行った場所は台北ではなく、桃園市という場所です。

日本から台湾に行くには、羽田空港もしくは成田空港からから、台北市内の松山国際空港もしくは桃園市内の桃園国際空港に行くのが一般的です。

今回、桃園市に仕事の都合で行ったので、桃園国際空港を利用しました。

台湾の喫煙事情

台湾の喫煙率は正確にはわかりませんが、日本と同じくらいではないでしょうか。

ただし、屋内は完全禁煙となっているため、居酒屋であっても喫煙することはできません。

ホテルの室内も禁煙で、喫煙室すら用意されていません。

違反者は1万元=4万円の罰金とのことです。

ただ、路上も指定場所以外は禁煙のはずですが、指定場所以外で喫煙をしている人は多く、印象としては日本よりはマナーが悪い感じがします。

台湾で加熱式タバコは買える?

台湾では、タバコ店のような店は見かけません。

紙巻きタバコは、雑貨屋やコンビニで買えますが、アイコスなどの加熱式タバコを売っている店も見かけませんでした。

日本と比べると、タバコを売っている場所を目にする機会が少ないように思います。

たばこを買うなら、空港の免税店で購入するのがよいかもしれません。

桃園国際空港でアイコスは買える?

以前、成田空港でアイコスのカートリッジの販売状況についてご紹介したので、今回は台湾の桃園国際空港での販売状況をお伝えいたします。

成田空港と加熱式タバコ

結論としては、桃園国際空港では、アイコスなど加熱式タバコは買えません。

桃園国際空港の免税店を見ましたが、メビウスなどの普通のたばこは売っていますが、アイコスなどの加熱式タバコは一切売っていませんでした。

空港内の喫煙所に行きましたが、アイコスを吸っている人は皆無でした。

仕事先に喫煙所があり、タバコを吸っている人は多くいましたが、誰一人アイコスは持っていません。

空港のVIPラウンジにも立ち寄りましたが、こちらは喫煙所すらありませんでした。

まとめ

台湾では、アイコスなどの加熱式タバコは買えません。

台湾でアイコスを吸いたいのであれば、カートリッジが不足しないように、日本で購入していく必要があります。

台湾でアイコスを吸ったら、かなり浮いた感じになるはずです

台湾の禁煙対策は日本よりも厳しいので、指定場所以外での喫煙は注意が必要です。

補足

本記事に関して、「台湾ではアイコスを含む加熱式タバコ自体の販売許可が出ていないので売って言わるわけない」というご意見も頂戴しましたが、あくまで実地調査という視点で書いていますので、ご了承ください。