喫煙に関する社会の変化

シェアする

今回、喫煙に関する社会の変化について語ります。

厚生労働省の調査によると、現在習慣的に喫煙している者の割合は、19.3%とのことです。
性別にみると、男性32.2%、女性8.2%であり、男女ともに10年間で減少傾向にあるよです。
毎年、喫煙率は低下してきていますが、まだまだ喫煙者が多いというのが現状です。

一方、日本のたばこメーカーのJTの調査によると、男女合計で19.3%とのことです。
男性は29.7%、女性は9.7%とのことです。
この調査結果は、厚生労働省の結果とほぼ同じです。
喫煙者率は減少傾向にあり、高齢化の進展、喫煙と健康に関する意識の高まり、喫煙をめぐる規制の強化や、増税・定価改定等によるものと分析しています。

今、現役で働いている50代以降の世代の人が時々口にすることがあります。
「昔は会議をすると会議室がタバコの煙で真っ白になってたよ」と。
この時代、男性の喫煙率が非常に高く、タバコが好きでなかった人も付き合いで吸っていたことが多かったと聞いています。
受動喫煙という考え方がなかったこの時代から、受動喫煙防止法の成立、禁煙対策について国会でも議論される国を挙げて禁煙を考える時代となりました。

受動喫煙を防止するには、きちんと分煙することが肝心ですが、人口密度が高い日本では対策が難しいようです。

喫煙者と非喫煙者が共存していくための一つの方法が、私がおすすめする、アイコスをはじめとした加熱式タバコではないでしょうか。
アイコスは、紙巻きタバコと比べて有害物質を90%以上削減し、煙がでないタバコです。
当然ながら、受動喫煙を防止することができます。
最近になって、紙巻きタバコは禁止されていても、IQOSはOKというお店も増えてきています。

煙草が好きな私にとっては、IQOSの登場は念願叶ったものです。

普通の電子たばこでは物足りなかった人でも、加熱式たばこのアイコスならばきっと満足できるはずです。

あなたも、アイコス生活を始めてみませんか。