消費者庁による加熱式タバコの誤飲事故の注意勧告

シェアする

はじめに

11/16、国民生活センターは、乳幼児の加熱式たばこの誤飲に注意するよう呼びかけました。

これまでの紙巻きたばこでも、乳幼児の誤飲事故というものはときどき発生していました。

加熱式たばこは、紙巻きタバコよりも、より短いものが多く、誤飲しやすいという。

アイコス パープルメンソール

国民生活センターの注意勧告

国民生活センターによると、日本たばこ産業(JT)など3社が販売する加熱式たばこ計12銘柄について調査。長さは24~83ミリで、乳幼児がのみ込んだり、窒息したりする危険性を判定する試験器を使って調べたところ、そのうち9銘柄は3歳児未満の子どもが誤飲する恐れがあるサイズだった。JTなどによると、各社の代表的な紙巻きたばこは長さが83~99ミリという。

加熱式タバコは、紙巻きタバコよりも長さが短いので、乳幼児が誤飲しやすいとのことです。

また、消費者庁のツイッターでも、以下の通り注意を呼び掛けています。

誤飲した場合の対応

加熱式タバコは、紙巻きタバコとは成分が異なりますが、乳幼児にとっては有害な物質が含まれています。

国民生活センターは、誤飲した時は水などを飲ませずに、すぐに医療機関へ行くよう呼びかけています。

業界には、スティックなどが入った外箱の構造について、子どもが取り出しにくいように改善することなどを求めています。

まとめ

国民生活センターによる、加熱式タバコの誤飲に関する注意勧告が出たということは、加熱式タバコがそれだけ普及し、身近なものになっていることの表れと考えられます。

身近なところに危険が潜んでいるということを忘れずに、かわいい我が子を危険な目に遭わせないように注意をしましょう。