iQOSが充電出来なくなってしまった場合の対処方法

シェアする

赤いランプが付いて充電が出来ない状態になっている

iQOS バッテリーチャージャーの不具合

「あれ、充電できないぞ?もしかして…故障?」

何度電源を差し直しても緑色のランプが点滅にならず四苦八苦。

点いているのは赤ランプ。
iQOSのバッテリーチャージャーにおいては、基本的に赤いランプが点くことはありません。
写真のようにクリーニングステイタスライト、ホルダー充電ステイタスライトの2箇所で赤ランプが点滅している場合、最初は故障かと思いますが
一時的な不具合の可能性もあります。

最初に自分で出来ることを試してみてくださいね。

まず試してみること

もしも一時的な不具合だとすれば、チャージャーを再起動することで直る場合があります。

必要な条件
・チャージャーにホルダーを挿しておく。
・どちらも充電が完了している状態。

条件に問題なければ、ソフトリセットをするために電源ボタン・自動加熱クリーニングボタンを両方同時押しします。
※押すときは必ず「長押し」してください。

このようにソフトリセットすることでiQOSシステムが再起動します。
よって通常通りの動作に戻るので、問題は解消されます。

直らない場合もある?

赤ランプ点滅時に関しては先程書いた方法で直ることがありますが、赤ランプ点灯によりソフトリセットしても以前のように機能しない、ランプ色が元に戻らない、そのような状態が続いた場合は残念ながら「故障」の可能性が高いです。

タバコを吸うための機械に悶々とするのも嫌なので、専用のサポートに問い合わせしてみましょう。
製品の状況・破損がる場合にもよっても変わりますが、ほとんどが機械の問題だったりするので保証期間内であればほぼ確実に交換してもらうことも可能だと思います。

ただ、チャージャーを使用する点で必ず気をつけてもらいたいのが充電器です。

見た目はスマホAndroid用の充電器と同じように見えますが、たまに別の充電器で充電した場合にランプの点灯状態がおかしい、正常に本体が充電されていない等の症状も耳にするので、iQOS購入時に同梱されていた専用の充電器を使うようにしてください。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする