歯と息にやさしい加熱式タバコIQOS

シェアする

IQOSチームからのメール

IQOSチームから「歯と息にうれしいIQOSで、毎日をもっと楽しく、鮮やかに。」という題名のメールが届きました。

歯の黄ばみを低減

どのような内容なのか、早速アイコス公式サイトでチェックしました。

IQOSは、歯の黄ばみの主な原因であるたばこの煙がでません。
だから、今までほど歯の黄ばみに悩むことなく、思いっきりの笑顔で毎日を過ごせます。

スイスで行われた、人の歯と歯科用コンポジットレジンに対する比較実験の結果、IQOSのたばこペーパーに3週間さらした歯のほうが、紙巻きたばこの煙にさらしたよりも、黄ばみの程度が大幅に少ないことがわかったとのことです。

煙草を吸う人は、ヤニが歯に沈着してしまい、歯が汚れている人が多いですよね。

歯が汚いと、他人に不快感を与えてしまいます。

芸能人の歯を見ると分かりますが、歯を綺麗に保っていると他人に良い印象を与えますね。

紙巻きタバコからIQOSに切り替えれば、歯の汚れも減り、他人に対する印象も良くなりますね。

口臭を低減

紙巻たばこよりもたばこのニオイが息に残りにくいIQOSなら、使った直後でも、気にせず周りの方と会話できます。
実際、IQOSに完全に切り替えた多くのユーザーは、紙巻たばこの時と比べて息がたばこ臭くならなくなったと実感しています。

IQOSに完全に切り替えた成人喫煙者の74%が、紙巻きたばこの時と比べて息がたばこ臭くならならなくなったと実感しているとのことです。

喫煙者の人は気づきにくいのですが、喫煙者の息はかなり臭いと思われています。

特にたばこを吸い終わった直後の口臭は、「どぶ川の臭い」とまで表現されることがあります。

紙巻きタバコからIQOSに切り替えることで、口臭を低減させることができ、他人に不快な思いをさせなくてすみそうです。

まとめ

煙の出ない次世代の煙草、アイコスは、紙巻きタバコと比べて歯の汚れと口臭を低減します。

煙がでないことで受動喫煙をさせないこともそうですが、他人に不快感を与えないということも、喫煙者のマナーとして大切です。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする