山梨・甲府駅 意外に少なかったアイコサー

シェアする

先日、仕事で山梨県に行きました。山梨県と言えば、戦国武将武田信玄をはじめとした、武田家の出身地です。駅の南口には信玄像があります。

駅でも信玄餅や信玄ソフトクリームなど、関連土産が多く売られています。

東京方面から甲府に行くには、中央線特急列車のあずさ・かいじで行くのが一般的です。全席指定席ですが、座席指定なしの特急券があれば空いているときだけ座ることができます。

特急かいじ

仕事を終えて帰ってきて、帰ろうと駅の改札の前に来たら、テレビ局が撮影をしていました。台風が近づいているということで、NHKが関連ニュースの取材をしていたようです。

NHKのアナウンサーが台風関連ニュースの放送中

地元のアナウンサーでしょうか。正直存じ上げません。意外と少人数で撮影をするということを知りました。アナウンサー1名、カメラマン1名、その他2名といった人員でした。

甲府駅ホームの喫煙所の様子

その後、東京方面に帰るためホームに向かいました。時間があったので、中のコンビニで信玄餅を買いました。ホームには今時珍しく喫煙所が設置されています。

加熱式たばこの普及状況を見るために少し観察してみました。半分くらいは加熱式たばこではないかと思って見たのですが、全員紙巻きたばこで、加熱式たばこのユーザーは一人もいませんでした。少したつと一人だけプルームテックをもって入っていく人がいました。

加熱式たばこ専用の喫煙所設置を

喫煙室も狭いので、煙が充満している様子でした。部屋全体もヤニで黄色くなってしまっていました。この中で加熱式たばこを吸うのは抵抗があるのではないかと思います。健康を考えてアイコスに切り替えたのに受動喫煙の被害に合うというのは、なんとも納得がいきませんよね。

甲府駅の状況から考えると、山梨では加熱式たばこはあまり普及していないのでしょうか。ただ、このホームは上り方面なので、仕事を終えて東京に戻る人が多くいるはずです。そう考えると、普及率の問題ではなく、加熱式たばこユーザーがこの喫煙所を使うことは抵抗があると考えたほうがよさそうです。

京都駅で見たときもそう思いましたが、そろそろ喫煙所を紙巻きたばこと加熱式たばこを分離すべきではないかと思います。

やっぱり禁煙したい!という方におすすめ

シェアする

フォローする